COAL HEADWEAR JAPAN

Root

ヘッドウェアブランドとしての可能性を追求するため、2002年にCOALは誕生しました。
高品質かつ美しく機能するヘッドウェアを目指し、また長年の仲間や友人からのインスピレーションを受け、新たな道筋を造りました。
アートやスケートボード、そしてスノーボードカルチャーからのディープなバックグラウンドから始まり、
世界的に注目されるライフスタイルブランドにまで成長しました。

COALの伝統は革命的である事。
その聖火を今も変わらず燃やし続け、次なるジェネレーションに受け渡し、
世界中のアドベンチャーをつなげる。それが私たちの誇りでもあります。

Brand

アパレルブランドやウエアブランドが作るビーニーがイマイチなのは、工場に用意されている有りものの型を使っているからです。
それはオシャレであったり、きれいなシルエットを出せることよりも、作りやすくコストがかからないことを優先しがちです。

COALはすべてのビーニーにオリジナルの型を用意しています。
ラインナップによって数ミリだけ裾を伸ばしたり、トップをわずかに膨らませるなど、その差がうみだすデザイン性を大切にしています。
なぜならCOALのデザインにはすべて理由があります。
単に奇をてらったデザインのためのデザインではなく、ファッションと機能性、目的がバランスしてこそ、ヘッドウェアは生活に密着できます。
(一例として、サマービーニーを考えれば簡単です。ファッション性だけで夏に毛糸の帽子を選ぶなんて過酷すぎます!)

ビーニーもハットもキャップも、COALの製品にはすべて愛情とマインドが込められています。
それがCOALのオリジナリティの源であり、オンリーヘッドウェアメーカーとしてのプライドなのです。